~酒と音楽を楽しむ~

ブログトップ

きみに読む物語

c0004705_1146952.jpg
憶えているだろうか。
きみは、17歳だった---。


「メッセージ・イン・ア・ボトル」の作家、ニコラス・パークスの長編デビュー作を映画化したラブ・ストーリー。アメリカでは「マディソン郡の橋」を超えるロングラン・ヒットを記録している。ある療養施設に暮らす初老の女性。老いこそ迎えてはいるものの、たたずまい美しく過ごしている彼女は、しかし、情熱にあふれた若い時代の思い出を失っていた。そんな彼女のもとに通う男がいて、物語を少しずつ読み聞かせている。語られるのは、1940年代のアメリカ南部の小さな町の、きらめくような恋の物語だった。

監督:ニック・カサヴェテス
出演:ライアン・ゴズリング,レイチェル・マクアダムス,ジーナ・ローランズ,ジェームズ・ガーナー,ジェームズ・マーズデン,サム・シェパード,ジョアン・アレン
配給:ギャガ=ヒューマックス

ってな感じの映画観てきましたーーーーー(・∀・)。
その前に予告編はこちら

えっ!?全米満足度94%!?-----?!

すんげーじゃんコレーっ!!
ってことで昨日観てきましたが、、あのー、、まったく泣けなかったんですけど( ゚д゚)アレ!?
かなり涙腺はゆるい体質なハズなんですけど。なんで?
タイタニックを見た人の中で、たまーに、1ミリも感動しないってゆー人がいるけど、きっとそんな感じなのだろう。
周りからはすすり泣きがチラホラ聞こえてはいたが。。
えーー!?!?日本人はどうなんだろう!?!?ほんとに気になる。感動してないのってオレだけ?
かなーり大人むきな映画だった事は間違いない。。『冷静と情熱の間』系??なのかな?
[PR]
by wu-tang0814 | 2005-03-03 12:21 | てきとー日記