~酒と音楽を楽しむ~

ブログトップ

愛のミュージック・バトン

よくわからずスルーしてましたが、書きます。
ブロガールズYURUYURU DIARY ママレモンへの道 、ミクシイは≪きゃず≫からバトンさずかったままでした。走るよ~!!ごぼう抜きするよ~!!

Q1. コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
∞無限大 ジョンのイマジンからテレサテンまでなんでもあるよ。

Q2. 今聞いている曲
雨ふりなのでしっとりほっこり、J.loのアルバムREBIRTHから
Hold You Down (Featureing Fat Joe)
c0004705_13294714.jpg

で、今はクリスタルケイ/Kissなんか聞いてます。うるせー!いい曲なんだよ!!

Q3. 最後に買ったCD
先週あたりにCommonのBeを
c0004705_1334448.jpg


Q4. よく聞く、または思い入れのある曲5曲
Method Man / Release Yo' Delf
WU-TANGのメンバーで一番好きなメスの曲。高1の時に買った1枚。
自分のモチベーション上げに聞く曲。妄想でK-1によく出るんですが、登場BGMはコレです。アナウンスが『イト~タ~ツヤ~!!!!』って言って、コレが流れる!アガル~!! ww

We're All Alone / Boz Scaggs
こりゃ名曲でしょ!!曲聴いたらぜったい誰でもしってるハズ。親が聞いてたせいか、もう永遠の曲って感じがします。でも実際ボズスキャッグスなんてこの曲しか知らないので調べてみたら↓
ソフト&メロウにアダルトな音世界を演出し、いわゆる“AORブーム”を誘発させたのが“ミスター・ダンディー”ことボズ・スキャッグスである。世紀のスカシ・ナンバー「ウィ・アー・オール・アローン」で何人の男女が車やベッドで戯れたことであろう。そう、このナンバーを収めた76年作『シルク・ディグリーズ』は時代を超えて語り継がれる、トロけるようなAOR名盤なのだ。
愛を説く伝道師スキャッグスだが、そのキャリアを紐解くと意外にも渋みの効いたフィールドで活躍していたミュージシャンであることが分かる。


ねっ名曲みたいでしょ!w

2PAC / To Live & Die In LA
高校時代の思い出。当時のこの曲のPV見てやられてました。
大学でサーフィンにハマってた頃とかにもよく帰りの車で聞いてた。
あー。いつか必ず自分であのPVを再現したい。夕方のカリフォルニア海岸でオープンカーをレンタしてこの曲を流しながらプカ~って。www

GOURYELLA / LIGAYA
これ、キラキラトランスなんですが、なんか毎年冬になるとこれが勝手にイトタツ脳BGMで流れます。そして冬を感じてたりします。

Paul McCartney / My Love
ビートルズ解散後のポールのソロ曲。中学の時に知った。始めは好きじゃなかった。ずっと聞いてたら永遠の曲に選ばれてしまった。
死んじゃった奥さんリンダに向けて贈った歌です。涙モノです。



サイケデリックからのナンバーはキリがないので、
今まで生きてきた中で心の名曲系にしました。
さー次にバトン渡すのは、
海苔ノリわかめ!
~今夜はパーティーだ!!~里中ハルblog

ミクシイから
☆ちーたん
☆マコ(オーストラリア)
☆なおちゃん(先発 工藤)

さー走ってこい!!ケッコー面倒くさいぞーーー!!wwww
[PR]
by wu-tang0814 | 2005-06-29 14:42 | てきとー日記